なんだかなーの連続で、やっと出会えた完全ワイヤレスイヤホン探し

なんだかなーの連続で、やっと出会えた完全ワイヤレスイヤホン探し

そもそもの始まりはー

お気に入りで、毎日使っていた「Powerbeats3 Wirelessイヤフォン」の右イヤーフックがポキッと折れて取れたこと。別にイヤーフックがなくても、運動をする訳じゃないから問題は無いんだけどーなんか、不完全な製品を使うのってイヤじゃん!?(<意味不明)

そこから、最近話題の「完全ワイヤレスイヤホン」をはじめる。何故、完全ワイヤレスイヤホンなのか? カッコいいからに決まっているだろー

最初のヤツ : GLIDiC Sound Air TW-5000

  • GLIDiC Sound Air TW-5000 完全ワイヤレスイヤホン SB-WS54-MRTW/BK

ソフトバンク コマース&サービスが売っている TW-5000 です。「オーディオビジュアルアワード VGP2018 SUMMER 金賞」と凄そうな賞を受賞しているヤツです。

Amazonで買って届く。充電ケースも小さいし、いい感じ。付けてみる。

1時間ぐらい使って、充電ケースに入れた。そのまた1時間後、取り出してみると、左のペアリングができない???? どうやっても出来ない。リセットも効かない。そこから、そこそこ格闘するが、左から音が出ない。

Amazonに返却しました。まあ、こういう事もあるよねー

次のヤツ : SoundPEATS Truengine Bluetooth

  • SoundPEATS Truengine Bluetooth

一時期、使っていた SoundPEATS の完全ワイヤレスイヤホン。何故か、英語ページには製品情報がない。何故だろう!?

Amazonで買って届く。デカイ。耳のハマりもイマイチ。

使おうと思ったら、左から音が出ない。またも、ペアリング問題????????凄く判りにくいドキュメントも読んだけど、まーたくだめ。ケースに入れても、そもそも左が充電できているように見えない(ランプが点かない)

またかよ???? Amazonに返却しました。そろそろ、嫌になってきた。

やっと出会えたヤツ : JVC HA-XC70BT-R

  • JVC HA-XC70BT-R

もう、失敗したくないので、すごーく調べて、Powerbeats3でも気に入っていた「ドンシャリ」と、日本メーカー製(製造は中国だけど)という事で、JVCを XX っていう「低音重視」の製品を買ってみた。

Amazonで買って届く。箱がカッコいい。充電ケースもカッコいい。

左右を取り出すと、普通にペアリングして、iPhoneのbluetoothの欄に出る。押す。普通に使えた!????

製品のウリである重低音は、「素晴らしい」の一言。製品的に「レッド」らしいんだけど、これ、赤が目立ちません。

あと、この”赤い”充電中が見づらい。

ネットで、付属のイヤーピースがイマイチで、コンプライは製品の良いところを”消す”と書いてあったので、以下の製品を購入。

少し付けるのが大変だけど、音の解像度が上がった気がする。おすすめです。

安物買いの銭失い

しかしまあ、やっと「これだ!」という完全ワイヤレスイヤホンに出会えた感じ。Amazonが簡単に返品が出来て良かったよ。本当に、安物買いの銭失い になるところだった。

お買いものカテゴリの最新記事